ハワイとランニングとグルメ...そしてHappy Healthy Life ホーム »2011年03月
2011年03月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

沖縄はもうすぐ海開き!  

3月も最後の週となりましたね
今週末から新年度、4月が始まります!!

しかし最近寒い日が続いているせいか、あまり実感が湧きません・・・

ところが沖縄はもうすでに海開きしているビーチもあるほど!
4月に入ると続々と人気ビーチの海開きが始まるんですねぇ

考えただけでもワクワクしちゃいます

さて今日は沖縄・ケラマ諸島の海の中を想い出しながら
バーチャル海のお散歩日記

※ 2010年5月沖縄旅行、シュノーケリングツアー参加時に
撮影した写真を少しご紹介します

少しでも癒しのお時間を皆様と共有できれば幸いです


■ ケラマ諸島

沖縄の中心那覇から海上を西に3、40km行った所に
大小20あまりの島々が有ります。
世界でも有数の透明度と珊瑚礁に恵まれた海に囲まれた慶良間諸島。
人の住んでいる島は、この中で4つ。 渡嘉敷、座間味、阿嘉、慶留間。
那覇に近い渡嘉敷島までなら、船で35分位。
座間味島、阿嘉島までも1時間くら慶良間いで着きます。
日帰りも可能な”ケラマブルー”と呼ばれる色の透き通った海。
そしてカラフルな珊瑚と魚達。本当に感動モノでした・・・



☆ まさにこれ!!真っ青で透明なケラマブルー!!



☆ 海の中を探検~~


Kerama2


☆ カラフルなトロピカルフィッシュ君と遭遇~~


Kerama4


☆ 海の人気者!ニモちゃん発見!

Kerama6


☆ 楽しそうにかくれんぼして遊んでました!!



Kerama5



Kerama1.jpg



Kerama3


☆ お花みたいな珊瑚もたくさんありました~



Kerama7




~ではココで2011年沖縄本島周辺の海開き情報~

ご参考下さい!

北部 4月3日(日) オクマビーチ
入場料:大人¥750/小人¥520 透明度:★★★★☆

★キメの細かい白い砂浜が1kmに渡って続くビーチ。背後にはオシャレなヴィラやコテージが点在し、ロマンティックなムードを高めてくれる。また、ホテル管理のビーチだけあって、マリンスポーツも豊富に揃う。


北部 4月下旬(予定) 瀬底ビーチ 入場料:無料 透明度:★★★★☆

★瀬底島の西側に、約1kmに渡り広がる美しい天然ビーチ。本島トップクラスの透明度に加え、熱帯魚の種類も豊富。チョウチョウウオなどのカラフルな魚たちが、足下をすいすいと泳ぎ回る姿が見られる。本島と島とを結ぶ橋の下には、息をのむほど美しいサンゴ礁が広がり、こちらも必見だ。


北部 3月20日(日) うっぱまビーチ
入場料:無料 透明度:★★★★☆

★世界遺産・今帰仁城跡(なきじんじょうせき)で有名な今帰仁村にある、素朴で美しい天然のビーチ。サンゴの欠片でできた砂浜を波が洗うたびに、シャラシャラと音が鳴り、ついつい耳を澄まして聞き入ってしまう。また、海水の透明度も抜群で、マリンスポーツも楽しむことができる。リゾートホテルが隣接しているため、シャワーなどの施設もしっかり揃っている。
上に戻る


北部 4 月1日(予定) 幸喜ビーチ(旧・名護市民ビーチ)
入場料:無料 透明度:★☆☆☆☆

★喜瀬ビーチと繋がっているビーチ。ICから近いため交通の便も良く、マリンスポーツやシュノーケリングも出来る。ビーチサイドにはモクマオウの木陰があり日焼け対策も安心。海びらき行事なし。4月1日から開放。


北部 4月1日(金) リゾネックス名護ビーチ
入場料:無料 透明度:★☆☆☆☆

★ホテルリゾネックス名護のプライベートビーチ。ジェットスキーやドラゴンボートなどのマリンレジャーが充実しているほか、体験ダイビング・シュノーケリングも受付けている。色々な種類の貝殻が打ち上げられているので、ビーチコーミングも楽しめる。


北部 3月下旬(予定) サンマリーナホテル前ビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

★ホテル併設のビーチということもあり、シャワー、トイレなどの施設やマリンレジャーの種類も豊富。海の中に続く遊歩道では、まるで海の中を散歩しているような気分が味わえる。晴れた夜には、頭上には満点の星空が広がり、波音とともにロマンティックなひと時を演出する。カップルに特にオススメのビーチといえる。


北部 4月上旬 万座ビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

恩納村 駐車料金:有料¥1000
★ホテル併設ならではの充実した設備で、家族連れやカップルなど幅広い人気を誇るリゾートタイプのビーチ。砂浜の面積が広くゆったりとした印象で、遊泳区域もホテルのビーチにしては大きい方だ。アクティビティも多種多様で、なかでもパラセーリングはココならではのマリンスポーツとして注目だ。



北部 5月上旬 21世紀の森ビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

★プロ野球のキャンプ地としても利用される、名護市民球場に隣接した人工ビーチ。潮の満ち干の影響が少ないため、時間帯に関係なく泳げるのがここのメリット。付近一帯はしっかりと整備された公園になっていて、バーベキューを楽しむことも可能。地元っ子たちの憩いのスペースとして親しまれている。



北部 4月2,3日(予定) 喜瀬ビーチ
入場料:500円 透明度:★☆☆☆☆

★喜瀬ビーチパレスに隣接した、白浜のロングビーチ。名護市民ビーチと浜が続いている。海を眺めたり、散歩をしたりと、ゆったりとした時間を過ごすのにピッタリのビーチだ。マリンジェットやドラゴンボートなど、マリンレジャーも充実している。また、ホテル近くのビーチということもあり、シャワー、トイレなどの施設も用意されている。
上に戻る



中部 4月3日(日) 残波ビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

★沖縄有数の景勝地「残波岬」のそばにある、天然のリーフに囲まれた白砂の美しいビーチ。周辺には子どもたちが遊べる憩いの広場もある。


中部 3月下旬(予定) ニライビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

★読谷村の情緒あるサトウキビ畑の間にのびる農道を車で進むと、リゾートホテル「日航アリビラ」が。そのすぐそばにあるのが、ニライビーチだ。一直線にのびるビーチから望む、夕日は特筆もの。また、マリンレジャーの設備も充実しているので、色々な楽しみ方ができる。
★海びらき行事の予定なし。3月下旬より監視員がつく予定。


中部 4月8,9日(予定) サンセットビーチ
入場料:無料 透明度:★★☆☆☆

★北谷町の人気ショッピングエリア「アメリカンビレッジ」に隣接するビーチ。買物途中に海水浴ができてしまうあたりが、いかにも沖縄らしい。シャワーや更衣室は完備されているが、泳ぐよりも風景を楽しんでいる人が目立つ。米軍基地が近いのでアメリカ人の海水浴客も多く、異国ムードを楽しむことも。
上に戻る



南部 4月3日(日) 波の上ビーチ
入場料:無料 透明度:★★☆☆☆

★帰りの飛行機に乗る前に、もうひと泳ぎしたいという人にぴったりのビーチ。空港まで15分と近く、都市部にあるわりに透明度も比較的良好。砂浜もきれいで、更衣室などの施設も充実。夜は那覇新港を彩るイルミネーションやクルーズ船の明かりでロマンチックな雰囲気に。


南部 4月3日(日)予定 美々ビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆
糸満市 駐車料:普通自動車 1日¥500

★2006年4月オープン。那覇空港から車で20分ほどと近く、離着陸する飛行機も頭上を行き交う。バーベキューなどのレンタルが充実するほか、クラゲ防止ネットが張られているので安心して遊泳できる。また、週末は地元の家族連れやカップルたちでにぎわう。


南部 3月27日(日) あざまサンサンビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

★南城市知念の安座真(あざま)港に隣接する人工ビーチ。売店やシャワー、ロッカーに加え、車イス用のトイレが設置されるなど、バリアフリーへの対応にも積極的だ。人工ビーチといえど、海水の透明度は比較的高く、遊泳エリアも広いので海水浴にはもってこい。敷地内には青々とした芝生の広場もあり、バーベキューセットの貸出しも行っている。そのほか、隣接の港から船で10~20分程度で、神の島と呼ばれる久高島へと渡ることもできる。
上に戻る



本島周辺 4月10日(日) ビックタイムリゾート伊計島ビーチ

入場料:大人¥300/小人¥200
宿泊者無料 透明度:★★★★☆

★沖縄本島中部から与勝半島へと続く、全長4.7kmの海中道路で感動的なドライブを堪能した後、必ず立ち寄りたいのがこのビーチ。太平洋に面したリゾートホテル、ビッグタイムリゾート伊計島から歩いて4~5分のところにある天然のプライベートビーチで、リゾート気分が満喫できる。海水浴のほかに、パターゴルフなど、フィールドスポーツもいろいろ楽しめる。


本島周辺 4月1日(金)イーフビーチ
入場料:無料 透明度:★★★☆☆

★日本の渚・百選にも選ばれたビーチ。沖縄でも指折りの真っ白な砂浜で、夏場には大勢の観光客でにぎわう。遠浅で、海底もゴツゴツしていないので、小さな子供連れのファミリーでも安心して海水浴が楽しめる。ビーチ周辺にはホテルやダイビングショップが並び、シュノーケルやウィンドサーフィンなどのマリンスポーツも充実している。


本島周辺 4月23日(土) 阿真ビーチ

入場料:無料 透明度:★★★★☆

★慶良間諸島のひとつ、座間味島にあるビーチ。きめ細かな砂地のビーチで、シュノーケリング向きではないが、のんびりするにはうってつけ。同島の古座間味ビーチと比べて人も少ないので、ゆったりと過ごしたいという人にオススメだ。ビーチに隣接して、キャンプ場やコテージ、プール、テニスコートなどレジャー施設(基本的に一年中利用可能)も充実している。


本島周辺 4月中旬(予定) 阿波連ビーチ
入場料:無料 透明度:★★★★☆

★渡嘉敷島を含む慶良間諸島は、世界でも有数の美しい海に恵まれた地域。那覇から船で1時間弱と近く、沖縄県内外から、海水浴やダイビングを楽しみに多くの観光客が訪れる。海はもちろん、島の風景も魅力のひとつ。美しい海と景色に囲まれて、身も心もきっとリラックスできることうけあいだ。慶良間諸島付近には、毎冬クジラが多く訪れ、1~3月にはホエールウォッチングが盛ん。


あ~~~沖縄行きたいっっっ


今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます!

応援クリック、お願いします




人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

category: 沖縄

thread: 日記

janre: ブログ

応援クリック宜しくお願い致します!!

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

売れ筋ハワイ本

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。