ハワイとランニングとグルメ...そしてHappy Healthy Life ホーム » スポンサー広告 » フランス »ルーブル美術館:後編

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ルーブル美術館:後編  

こんばんは!
早速ですが、ルーブル美術館後編です

まず・・・展示館の構成は?といいますと ・・・

1.東端のクール・カレ(方形中庭)を囲む
シュリー翼 (Aile Sully)

2.その南西からセーヌ川沿いに西へと伸びる
ドゥノン翼 (Aile Denon)

3.シュリー翼の北西からリヴォリ通りに沿って西へと伸びる
リシュリュー翼 (Aile Richelieu)

に分けられます

昨日ご紹介しました、美術館で一番人気のフロア「サモトラケのニケ」を
大階段入口に設けるドゥノン翼は、13~17世紀のイタリア絵画とフランス絵画の
秀作が勢ぞろいします


2ルーブル美術館 (8) 


では数々の有名作品ご紹介~



■ ハムラビ法典
Code de Hammurabi


高校生の世界史で習いましたねー

2ルーブル美術館 (2)


紀元前18世紀前半
古代バビロニア王朝の街なかに建てられていた高さ2mの石碑

ハムラビはバビロン第一王朝の6代目の王でそれまで
あまり振るわなかった都市に初めて支配的な地位を与えた人物

石碑の下部には「目には目を、歯には歯を」
で有名な法典、上部には王と神が向かい合う場面が刻まれています


2ルーブル美術館 (3) 





■ The Astronomer
(天文学者)

■ 作者:フェルメール
Johannes Vermeer (Jan Vermeer)




2ルーブル美術館 (6) 



17世紀オランダ絵画黄金期において 最も傑出した画家のひとり
調和のとれた明瞭な色調や簡素かつ 静謐
でありながらも綿密に計算された均整な空間構成、
光の反射やハイライト部分などを点描によって
表現するポワンティエ(点綴法)
写実性の高い描写など画家が手がけた作品と
その様式は現代でも極めて高い評価を受けている


2ルーブル美術館 (7) 





■ 民衆を導く自由の女神
 Liberty Leading the People

■ 作者:ドラクロワ


2ルーブル美術館 (11) 


これも有名すぎる作品ですね


7月革命の年に描かれた作品。
自由(青)、平等(白)、博愛(赤)を象徴する三色旗を掲げた女神が
自由の象徴フリギア帽を着け、民衆を自由へと導く姿を描く

ユーロ移行前の100フラン札に使用されたほど
フランス国民が誇る絵画





■ ナポレオン1世の戴冠式
■ 作者:ジャック・ルイ・ダヴィッド


ドゥノン翼2階。巨大な作品が並ぶこのエリアのなかでも
ひときわ大きな作品です!


2ルーブル美術館 (10) 

1804年にノートルダム寺院で行われた戴冠式の一場面を描く
ナポレオンが妻、ジョセフィーヌに冠を授けている、威厳ある歴史画
191人もの人物のン赤ですぐにナポレオンの目が行くのは人々の
視線や顔の傾き、ジョセフーヌの体が描く斜線なそ、すべてが彼の
顔に焦点が合うように構成されているため・・・
 


そしてこの作品の作者も自らの姿をこの絵の中に描いています
見づらいですが、上段の左から2番目が作者だそうです!


2ルーブル美術館 (9) 





■ カナの婚宴
■ 作者: ヴェロネーゼ


この作品!なんと、ルーブル美術館で
最大サイズの絵画なんだそうです!



2ルーブル美術館 (1)



カナという村の婚礼で起きた水がブドウ酒に代わる聖書の奇跡の話を
王侯貴族の登場する華やかなヴェネツィアの婚宴場面に移し替えて
描かれています




■ ジャン2世善良王の肖像画

※ 作者は不明

リシュリュー翼3階の第1室にはフランス絵画史
最初のページを飾る14世紀の作品


 2ルーブル美術館 (4)





そして、館内からピラミッド中央入口を見てみると~。。。

まだまだ行列が!!




2ルーブル美術館 (5) 




以上、ごくごく一部の有名作品のご紹介でした
ルーブル美術館 後編は以上です


これだけの歴史ある有名すぎる美術作品を目の前して
本当に感激・感動の連続・・・

そしてその当時の様子を自分なりに想像してみたり
時には哀愁を感じつつ・・・何とも言えない気持ちになりました

初めてのルーブル美術館
期待をはるかに上回る素晴らしすぎる美術館でした

絶対に再訪するぞ~~~~~


今日も最後までお付き合い頂き有難うございます
ブログランキングに参加しています
応援クリック、どうぞ宜しくお願いします




人気ブログランキングへ

いつもありがとうございます

「FC2おすすめブログ」  に掲載されました
recommend_bnr01.png
スポンサーサイト

category: フランス

thread: みんなに紹介したいこと

janre: ブログ

tb: 0   cm: 6

コメント

ルーブル美術館

ルーブル美術館はフラッシュさえたかなければ写真撮影OKなのですね。
日本の美術館で(私が行った中では)写真撮影OKなところは1つもなかったので、それが一番の驚きでした。
ありきたりですが、モナリザが一番観てみたいです。
それにしても、ルーブル美術館とは本当にスゴイところですね。
ゆっくり鑑賞したかたったら一日では回りきれませんよね。

P.S. トモリンコさんからのお土産、とっても楽しみです♪

★マア★ #- | URL
2012/01/13 11:41 | edit

No title

こんばんわ

教科書黒太文字のモノのオンパレード…言葉も出ないわ…(笑)

そういえば今年(来年?)、ルーヴルが被災福島市をはじめ3市に23点くらい巡回貸出しの展示をしてくれるんですってね。
被ばくを心配する声もあったけど、「ルーヴル近郊と同じくらいの放射線量だから問題ない」って決定、キュレーターも自発的に来日してくれるんだとか。
地震があったとたんに「貸さない!」っていう国もあったけど、こういうのはありがたいことですね。

M@lauaealoha #NqNw5XB. | URL
2012/01/13 17:19 | edit

Re: ルーブル美術館

> ★マア★さん
そうなんですよ~~~!事前に色々と話には聞いていたものの・・・
実際に行ってみて、まずは建築の素晴らしさ・美しさ
作品の多さ、広さ、等々 本当にすごかったです!!

PS.遅くなりましたが昨日郵送致しました♪

トモリンコ #- | URL
2012/01/14 01:46 | edit

Re: No title

> M@lauaealoha さん
ハイ!世界史・美術で習った数々の作品たち・・
しかも想像以上に大きくて・・ただただ感動するばかりでした!

巡回貸出しの展示の件、そうなんですかーー!知りませんでした。。。
何とも嬉しいニュースですね♪
いいお話をありがとうございます。

トモリンコ #- | URL
2012/01/14 01:48 | edit

るぅぶる☆

一日いても足りない…
ステキな場所やお気に入りの場所は~ずっとずっと居たくなりますよね
いいなぁ~ますます行きたくなりました

アリエル #- | URL
2012/01/14 08:09 | edit

Re: るぅぶる☆

>アリエルさん
ですね!!1日居ても絶対足りないですね~・・・
そしてお気に入りの作品の前にはずっと居たいって思いますしね!!
私も早くも行きたくなっちゃいました。

トモリンコ #- | URL
2012/01/14 23:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tiffanyki.blog133.fc2.com/tb.php/318-8f95e2b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

応援クリック宜しくお願い致します!!

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

売れ筋ハワイ本

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。