ハワイとランニングとグルメ...そしてHappy Healthy Life ホーム » スポンサー広告 » 観光地 »とある島から・・・ダイナミックな宇宙瞑想!?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

とある島から・・・ダイナミックな宇宙瞑想!?  

今回の長崎旅行で一番行きたかったところ





それは軍艦島でした!





IMG_9678_convert_20160718150357.jpg
 





さて、軍艦島

という一つの言葉から

あなたは、何を思いますか?





2015年7月に世界遺産に登録決定!

長崎観光の一つとして

今、大人気の観光スポット

というイメージが一般的ですかね?





D7C4B015-B40E-49A8-8D24-BFA1C4FAF139_convert_20160718151254.jpg 







正直、私は世界遺産登録決定までは

存在自体は、認識していたけど

詳しいことはよく知りませんでした。





だけど、調べてみると・・

とても興味深い歴史じゃないですか!



正式名称は、端島(はしま)

長崎県長崎市にある島で

かつては、海底炭鉱によって栄え

全盛期は東京以上の人口密度を有していた

けれども、エネルギー政策の変換によって

閉山とともに、島民が島を離れたため

現在は、無人島となっている





軍艦島の由来は?というと

1921年に地元の新聞紙面で端島が紹介され

海から見たその姿が戦艦「土佐」

(当時、三菱造船長崎造船所で建造中)

に似ているとして、記事の中で端島は

「軍艦島」と名付けられ

これ以降、この島は「軍艦島」

と呼ばれるようになったそうです。





意外だったんですが

日本で初めて鉄筋高層アパートが

作られたのはこの軍艦島

  



全盛期だった頃は、近未来都市

とも呼ばれ、面積わずか

0.06平方キロメートルの

小さな小さな島に

学校・病院・公共施設・商店

住宅施設から娯楽施設まで

一つの街としての機能を果たし

全盛期には5000人以上もの人が

生活していたんですね。



狭い土地だからこそ、その建築法は

特殊な工夫がなされたり

  



そしてやはり人気の秘訣は

軍艦島、そのものの姿・

佇まいに魅力を感じますよね?

当時栄えていた頃のロマンを

感じるというか・・・





これは是非、実際に自分の目で

見てみたい!との思いから

今回の訪問に至ったんですね






あいにく、波の状況で

上陸こそ出来なかったけれど・・・



それでも

長崎港から、軍艦島に至るまでの

絶景に早くも感激



途中、もう一つの炭鉱で栄えた島

「高島」 http://www.kanko-takashima.com

(現在、観光地としても人気のある有人島)

に立ち寄ったり

IMG_9707_convert_20160718150515.jpg 





上陸出来ない代わりに

軍艦島の全貌を、全方向から

各ポイントごとに

ツアーガイドさんの説明とともに

見学することが出来たし



本当に満足でした!!





利用したツアー情報はこちら

「軍艦島上陸ツアー」

http://www.gunkanjima-cruise.jp




IMG_9679_convert_20160718150436.jpg 





さて、話は変わりまして・・

「軍艦島」

を実際に見て、私は

「一念三千」を思いました。





ーーーーーーーーー

◆ 一念三千とは・・?

今この瞬間、瞬間の時間にある心・思いや

ありとあらゆる事象・現象には

過去・現在・未来、全てが存在し

そして、その心や事象を中心した

関係性を繋いでいくと宇宙にまで達する

という、天台宗智顗の説いた法理

ーーーーーーーーー






無人島となり、かつての

産業革命を支えた炭鉱

という役目が終わった島

ではあるけれども



軍艦島を中心として

それに関わる関係性のネットワーク

という視点で、考えてみたとき

物凄い情報量が、過去から現在〜未来


まで確かに存在する訳なんです



例えば、未来という視点からすれば

世界遺産登録となって、この先は

可能な限りベストな状態で保存され

続け、観光客の目を楽しませる

且つ



日本の産業革命を担った功績

をこれからの未来を担う子供達に

伝えていく、という

新たな役割使命が有り



そんな、軍艦島のロマンを求め

私達のような観光客が

毎日のように訪れ、その姿に魅了

されている、という

一瞬、一瞬の現在がある



まさに、一念三千

IMG_9849_convert_20160718150603.jpg 







軍艦島を眺めながら、私は

当時、全盛期だった頃の情報空間まで

トリップし、当時の子供達が遊ぶ声や

そこで働く人々の声が聞こえてきたり



なんとも、不思議な体験を

させて頂きました



一念三千

無限に広がる

宇宙にまでつながる

ダイナミックな概念



これを身につけると

とても高い抽象度から

あらゆる物事を観て

考えられるようになります。

オススメです!



今日もありがとうございました。



 ブログランキングに参加しています 



応援クリック、ポチっと 
どうぞ宜しくお願いします




にほんブログ村
 
スポンサーサイト

category: 観光地

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://tiffanyki.blog133.fc2.com/tb.php/920-5d0eff15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

応援クリック宜しくお願い致します!!

プロフィール

最新記事

カテゴリ

最新コメント

売れ筋ハワイ本

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。